中国による人権侵害、侵略に抗議し、1,000人がデモ行進@大阪G20

中国による人権侵害、侵略に抗議し、1,000人がデモ行進@大阪G20

大阪G20における中国への抗議活動の2日目は、午前中に屋内集会、午後にデモ行進を行いました。

屋内集会

集会での発言者は以下の通り、
-ショブチョード・テムチルト氏(自由インド太平洋連盟 副会長)
-ラビア・カーディル氏(自由インド太平洋連盟 会長)
-イリハム・マハムティ氏(日本ウイグル協会 会長)
-ウミット・ハミット氏(自由インド太平洋連盟 ウイグル代表)
-ツェリン・ドルジェ氏(Students for a Free Tibet Japan 代表)
-王戴氏(民主中国陣線 副主席)
-廖雨詩氏(博士、台湾発展と文化交流協会 研究員)
-陳浩天(元・香港民族党 召集人)
-香港学生
-石井英俊氏(自由インド太平洋連盟 副会長)




デモ
午後からのデモには予想の2倍を上回る1,000人もの人が
参加した。
チベット、ウイグル、南モンゴル、香港の5つの大学自治会の旗、台湾独立を応援する旗、韓国太極旗、アメリカ星条旗そして日の丸と実に広範囲で多彩な旗が大阪の街に翻った。
このデモには香港から学生など若者達が100人近く駆け付けて参加した。







2019年6月29日