ラビア・カーディル会長挨拶

 自由インド太平洋連盟の皆様、自由インド太平洋連盟に関心を持って頂いている皆様、そして支援者の皆様、こんにちは。そして、全世界の政治家の皆様、人権を擁護する団体の皆様へ、自由インド太平洋連盟の会長としてご挨拶申し上げます。

 皆様、私達にはもはや時間があまり残されていません。私達は、中国の支配下に置かれている諸民族、中国の覇権の脅威にさらされている中国の周辺の国々、そして中国の脅威を感じている全ての国や地域と団結して、私達の共通の敵である中国共産党を打倒しなければなりません。私達が単独行動を取れば、中国は時間稼ぎに成功するでしょう。だからこそ、私達は必ず力を合わせなければならないのです。力を合わせて、中国が人類に対して犯した罪を裁かなければなりません。その為に、中国の被害にあった全ての国や地域と連携し、世界中の人々に中国の本当の姿を伝えなければなりません。世界中の皆様も、中国を知る為には、まずウイグル、モンゴル、チベットがどのような状況であるかを先に知るべきです。また、台湾や香港や日本を知らなければならないと思います。

 私達は、私達自身の声を通して、全世界の皆様に私達と共に戦うことを呼び掛けます。私達の戦いは、正義の為の栄光ある戦いです。この戦いで、皆様と共に戦えることを誇りに思います。

2018年12月
自由インド太平洋連盟
会長 ラビア・カーディル

結成大会について

自由インド太平洋連盟は、2018年10月26日、日本の国会内(衆議院第一議員会館国際会議室)において、結成大会を開催しました。

結成大会の様子は、NHK全国ニュースをはじめ民放各局、読売新聞、産経新聞をはじめ大手新聞社通信社によって広く報道されました。